投稿日時: 2016-09-25 (3 ヒット)

抱負を語る野本会長

 年金友の会は、7月8日本店で第10 回通常総会を開いた。年金友の会は主にJA で年金を受給している者で組織し、現在8,809 人が会員となっている。これまで健康管理活動や親睦旅行、レクリエーションなどを実施。今年度も引き続き会員自身が年金友の会を通じて生きがいのある人生を築くため、幸せの和と輪を広げることを基本方針として活動する。具体的には親睦旅行や湯治旅行、グラウンドゴルフ大会を計画し、会員拡大運動として「1・1運動」を展開。会員が1人1名を紹介することを目標に推進に取り組む。

 野口良德組合長は「年金は信用事業の柱である。皆様の力を借りて会員の増加に取り組みたい。仲間づくりをしながら健康づくりをし、地域に貢献したい」と挨拶。野本徹会長は「親睦旅行やグラウンドゴルフは、回を重ねるごとに広く親しまれ、心身の健康づくりに大きく貢献できた。これからはJA 長崎せいひ年金友の会だからこそできる特徴ある取り組みを、知恵を出し合い、力を合わせてやっていき、仲間を増やして輪を広げたい」と
抱負を語った。


2016-09-23 バリポジティブ Let’s Go Hawaii!!管理者・LA 合同研修会開催
2016-09-22 第4次中期経営計画実践推進大会開催
2016-09-19 夏の風物詩盛りだくさん 大盛況の夏まつり
2016-09-16 売上増大に向けて一致団結 ふれあい市の発展を


 投稿日時: 2013-05-21 (8157 ヒット)


自然の中で農作業をしてみませんか?

   JA長崎せいひ職業紹介所では、農家さんのケガや病気、冠婚葬祭などの一時の労働不足、また、農繁期や家族の出産、介護等で作業の人手が足らない時期の労働力をサポートします。

   農作業の経験がない方、農家さんが親切に教えてくれるので安心して働けます。 また、小さいお子様がいたり、家族の介護などで時間的に制限のある方でも、働く意欲のある方は是非ご相談下さい。