投稿日時: 2016-12-10 (2 ヒット)

表彰を受けることの
うみいちご部会浦江顕一部会長

 いちご部会は10月11日に本店で第1回総代会を開き、平成27 年産のイチゴの生産量が県下トップの成績であったことのうみいちご部会を表彰した。
同部会は平成27年に管内の5つの部会を統合して発足。魅力あるイチゴ経営や販売金額10アールあたり500万円などをスローガンに掲げ、部会員、行政、JAグループが一体となって取り組んできた。ことのうみいちご部会は同部会を構成する部会の1つで、10人の生産者が210アールでイチゴを栽培する。平成26年より全作付面積をゆめのかに変更。少数精鋭を強みに、全員で各人の園地を回り視察研修を重ねて実績を伸ばした。平成27年産の10アールあたりの収量は4,726キロ、販売金額は約550万円で、長崎県下19部会の中でトップの成績を収めた。販売数量は101トン。平成21 年産の68トンから増加傾向にあり、今後も他の部会の模範として生産に意欲を燃やす。
野口良德組合長は「今年はパッケージセンターの稼働を計画している。しかしそれは手取りが減るということ。どう収入を増やしていくか考えて取り組まなければならない。基幹作物として頑張って欲しい」と激励。中野勉部会長は「ことのうみいちご部会を見習い、他部会も切磋琢磨して頑張ろう」とあいさつした。


2016-12-08 いつまでも元気な高齢者で 伝統料理で食事サービス
2016-12-07 種子ショウガ出荷しました
2016-12-04 SEW大西海ファームに栄冠 初の県下統一共励会
2016-12-01 GG大串クラブ優勝 競い合って健康増進


 投稿日時: 2016-11-01 (8764 ヒット)


自然の中で農作業をしてみませんか?

   JA長崎せいひ職業紹介所では、農家さんのケガや病気、冠婚葬祭などの一時の労働不足、また、農繁期や家族の出産、介護等で作業の人手が足らない時期の労働力をサポートします。

   農作業の経験がない方、農家さんが親切に教えてくれるので安心して働けます。 また、小さいお子様がいたり、家族の介護などで時間的に制限のある方でも、働く意欲のある方は是非ご相談下さい。