投稿日時: 2017-06-23 (24 ヒット)

挨拶で意気込みを話す山﨑青年部長
(4月20日 長崎市元船町=本店)

 青年部は、4月20日に長崎市元船町の本店で第12回代議員総会を開いた。平成28年度の活動を報告し、平成29年度はJA運営への参加や組織活性化、地域農業の発展などを目的として活動することを決めた。

 昨年度は次世代のリーダー育成や農業者所得の向上、広報活動の強化を目的として活動し、「農×恋プロジェクト」を通して婚活活動を行い地域農業の発展に向け取り組んだ。今年度も引き続き婚活活動を行う他、農業者として積極的にJAの自己改革に参加・参画していく必要があるとし、「組織活性化、盟友間連携強化」「地域農業の発展、地域振興、食農教育等を通じたファンづくり」などを活動目的として掲げ各支部で活動する。特に食農教育においては、毎年小学生を対象にしたびわや米づくり、野菜づくりなどの農作業体験を各支部が実施しており、今年も積極的に行う予定だ。

 総会には青年部員をはじめ、県や市の職員、長崎県農協青年部協議会役員、JA長崎県中央会職員、JA役職員など約30人が出席。山﨑和臣青年部長は「地域農業の振興をはじめ、農政運動の展開、地域と農業を食農教育の実践、組織基盤強化などの諸問題に対し組織の力を結集し取り組んでいく」と意気込んだ。


2017-06-19 露地ビワ出荷始まる
2017-06-12 組織を再編し、活動の活発化を目指す
2017-06-07 地域活性化に向けて活動の継続を
2017-06-02 LA54人総決起大会で団結


 投稿日時: 2016-11-01 (10414 ヒット)


自然の中で農作業をしてみませんか?

   JA長崎せいひ職業紹介所では、農家さんのケガや病気、冠婚葬祭などの一時の労働不足、また、農繁期や家族の出産、介護等で作業の人手が足らない時期の労働力をサポートします。

   農作業の経験がない方、農家さんが親切に教えてくれるので安心して働けます。 また、小さいお子様がいたり、家族の介護などで時間的に制限のある方でも、働く意欲のある方は是非ご相談下さい。