ひなた2015年5月号
2/14

 JAの各支店で発行する「支店だより」は、広域合併で出来た当JAが組合員や地域住民とのコミュニケーションを深めることや積極的な情報の受発信を図ることで、各支店における地域との絆の強化やJAファンづくりを大きな目的としている。今回「平成26年度支店だよりコンクール」で入賞した3統括支店の取り組みを紹介する。※各支店の支店だよりはJAのホームページで見ることができる。更なる広報活動の強化へ西海統括支店     (最優秀賞) 最優秀賞を受賞した「さいかい通信」は、2か月に1回の定期発行を継続して行い、着実に組合員・地域住民とのパイプ役としての役割を果たしてきた事が評価された。それに弾みをつけ、支店では今年度より従来の体制を見直し、編集チーム体制を確立。今後は、若手職員を中心とした広報体制整備と部門・部署を超えた情報共有の強化で、魅力的な支店だよりの発行を行っていく方針だ。 「さいかい通信」は、地域の人の顔の見える温かな紙面づくりを目指し、固定概念にとらわれない取材先の選定等にこだわる。編集は、楽しいイラストや写真、4コマ漫画等を掲載し、手に取って見てもらえるような紙面構成を心掛けている。店だよりでつなぐ地域とのきずな支特 集なぜ、支店だよりを発行するのか――。 山口俊介係長 編集チームのリーダー 支店だよりを心待ちにしてくれている人も徐々に増え、ファンが増えてきたことを実感している。発行のたびに支店に取りに来る組合員や支店だよりに自分達の活動を掲載してほしいという依頼がある等、徐々に地域に浸透している。現在は組合員への配布に加え、同統括管内の支店や拠点に配置しているが、今後は多くの地域住民に見てもらえる設置場所の確保にも取り組みたい。これからも、この支店だよりがこれまでJAとかかわりが無かった人がJAのファンになってもらえる入口となるよう頑張りたい。最優秀賞 西海統括支店「さいかい通信」の発行メンバー22015ひなた

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る