ひなた2018年1月号
16/16

児童らがミカンについて学ぶ 諫早市や長与町の小学校に通う児童らが地元の特産品であるミカンについて学ぼうと、社会科見学でミカン狩りを体験し伊木力みかん選果場を見学しました。選果場の中を実際に歩いた後、児童からは「人の手でしているところは何を見ているの」「集めたミカンはどこに行くの」「出荷できないミカンはどうするの」など活発に多くの質問が出ました。 最後に生産者を代表して長与町本川内郷の山口憲一郎さんが、生産に対する思いを発表しました。◀中営農センター職員らが選果場内を説明▶生産者を代表し話をする山口さん あけましておめでとうございます。昨年は広報も2年目となり、取材先で親しく話しかけていただける機会も増え、嬉しい1年となりました。今年もいろんな場所に行きたいです。いろいろ食べたり、見たり、したりすることが増えるのは広報の特権ですね。本年もよろしくお願い申し上げます。 コンニャクを手作りすると聞き取材に行ってきました。そこでコンニャク芋を初めて見ました。想像していたよりも大きくてびっくりです。コンニャク芋を初めて見るということは勿論、コンニャクを作っているところを見るのも初めてでした。これまでコンニャクを食べてもとても芋からできているとは思えなかったのですが、「本当に芋からできてる!」とわくわくしながら作業を見守りました。コンニャク芋は通常の芋類のように、ゆでたりふかしたりするだけでは食べられないそうです。「食べよう!」と最初にコンニャクを編み出した人はすごいですね。別の取材に向かうために途中で退出しなければならず、完成をこの目で見られなかったのが残念でした。松尾麻耶平成29年12月20日発行発 行/長崎西彼農業協同組合 総合企画部〒850-0035長崎市元船町5番1号TEL 095-825-5600FAX 095-825-5611ホームページアドレスwww.ja-nagasakiseihi.or.jp印 刷/㈲正文社印刷所編 集 後 記短 歌何処より 香り来るのか金木犀  庭に降り立ち息深く吸う谷  文子振り返る 暇もなきまま霜月へ  季ときの移ろい楽しむ時なし川口 正人おさがりの 品で育てし娘こらよりの  おニューのセーター心も温む田中 澄江俳 句「家ふえ」てふ看板のあり里時雨山名平司郎漁火や鰯の群れに網子引く靏本 勝彦振り向けば貉の親子つと去りぬ上野 沙知段畑の土塊太く冬耕す國生惠美子ひた1な住所不明組合員の脱退手続公告 当組合は住所不明組合員の脱退に関する手続きを実施することといたしました。【対象組合員】 当組合では、転居等で所在確認ができなくなっている住所不明の組合員がいらっしゃいます。組合員の適正な管理のために、ご連絡がない場合には脱退手続きを取らせていただきます。【公示期間】 平成29年12月12日~平成30年1月15日【対象組合員の問い合わせ】 上記期間、長崎西彼農業協同組合の各支店で住所不明組合員の確認ができます。 対象者の問い合わせは当該組合員及び組合員と同一生計を営む家族のみが可能です。 住所確認がとれた方については、脱退者から除外させていただきます。【公示期間後の処理】 本公示期間終了後、所在が確認できなかった組合員については、「法定脱退者」といたします。【脱退処理後の対応】 法定脱退処理後であっても、当該組合員から申し出があれば、出資金は平成30年3月末日の残高で返還いたします。【問い合わせ窓口】  長崎西彼農業協同組合各支店長崎県長崎市元船町5番1号長崎西彼農業協同組合代表理事組合長 野口 良德

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る