おしらせ

 

 

JA長崎せいひ職場紹介動画

YouTubeへリンク

 



  

 投稿日時: 2019-08-26 (4 ヒット)

選果される「伊豆錦」
(8月2日、西海市西彼町)

 

 大西海ぶどう部会が8月2日に種無しブドウ「伊豆錦」の出荷を開始した。9月中旬まで続く。

 「伊豆錦」は種が無くて食べやすく、大きめの粒に紫黒色の果皮で、身のしまりが良く食べごたえがあるのが特徴。良好な甘みと香りも楽しめる。西海市西彼町を中心に部会員12 人が60㌃で生産。施設による加温栽培、無加温栽培、屋根かけ栽培、露地栽培などの多様な栽培方法で出荷時期をずらし、長い期間の出荷を可能にする。

 初日の出荷量は92㌔。全て最高の品質を表す赤秀で、見た目にも楽しめるブドウがずらりと並んだ。長崎の市場に出荷する他、8月31日と9月1日に同JA が開く北部地区夏のJA 祭にて直売する。
 


2019-08-26 ずらりと並ぶ「長浦すいか」、イベント販売も好調 琴海瓜類研究会
2019-08-24 ふれあい市東長崎店創業祭
2019-08-22 次年度の計画達成に向けて団結 グリーンセンター生産者直売所出荷協議会
2019-08-19 夏芽アスパラガス出荷開始 アスパラガス部会