葬儀の手順


遺族側のすること

危篤
●医師を呼ぶ(自宅)
●家族、近親者、友人など会わせたい人に連絡する
●遺言があれば、証人立ち会いのもとに書き留める
●葬儀社と事前相談しておく

臨終
●末期の水をとる
●湯灌して遺体を清め(死化粧、死装束)、安置する
●世話役代表を決め、打ち合わせをする。当座の現金、住所録、葬儀に必要なものを世話役代表に預ける
●僧侶、神官に連絡して打ち合わせする
●世話役と相談し、喪主、葬儀委員長、葬儀の規模、日程などを打ち合わせる


通知
●親族、友人その他に、死亡したことと通夜、葬儀の日程を知らせる
●仕事関係、町会などへの連絡を世話人に依頼する
●死亡届を出す


通夜の準備
●家の中を整理し、祭壇を飾る部屋を用意する
●通夜、葬儀について世話役と打ち合わせをする
●近隣にあいさつしておく


納棺
●枕勤めをする
●納棺をする


通夜
●通夜の席次を決める
●僧侶に読経してもらい、読経後に焼香する
●遺体のそばで弔問客に応対する
●焼香終了後、喪主または親族代表があいさつする
●僧侶の接待。お礼のあいさつと御車代を渡す
●弔問客への通夜ぶるまいをする


葬儀の準備
●供花、花輪、供物の並べ方、順番の再確認
●世話役と相談、火葬場へ行く人数を確認する
●葬儀の席次を決める
●弔電をまとめ、世話役に渡しておく


葬儀・告別式・出棺
●葬儀、告別式に出席する
●故人と最後の対面をし、棺の釘を打つ
●喪主または遺族代表が会葬者へあいさつする


火葬
●火葬許可証を火葬場へ渡す(日付を記入したものが埋葬許可証になる)
●納めの式を行い、骨上げをする
●喪主が遺骨を持って自宅へ戻る


遺骨迎えと精進落とし
●遺骨が自宅へ戻ったら、遺骨勤行を行う
●同時に初七日の法要を行う
●終了後、喪主があいさつをする
●精進落としの宴を開く
●喪主、あるいは遺族代表があいさつし、世話役の人たちに礼をのべ、今後の法要などの日程を知らせる


葬儀終了後
●世話役から事務を引き継ぐ
●葬儀全般の費用の支払いをすませる
●あいさつ回りをする
●寺院に出向き、僧侶にお礼をし、法要の打ち合わせをする
●保険の請求など諸手続をする


法要
●四十九日などの法要を行う
●納骨する
●忌明けのあいさつをする