特産品紹介

 

温州みかん <旬:10月~3月>

長崎県は全国5位の出荷量があり、当JAは県下でも有数の出荷量を誇ります。諫早市多良見町、西彼杵郡、西海市管内を中心に温暖な気候と豊かな土壌に恵まれたみかんは「岩崎早生」、「原口早生」、「させぼ温州」、「青島温州」とシーズンを通して栽培され、『長崎の夢』や『長崎味ロマン』といったブランドは市場でも高い評価を得ています。

 

 

 

 

 

びわ <旬:3月中旬~5月>

全国1位の出荷量を誇る大産地です。初夏の風物詩として、茂木地区や西彼半島で生産されています。主力品種の『長崎早生』をはじめ、新品種『なつたより』が新たに加わり、大玉でみずみずしい『なつたより』はおいしさバツグンです。

 

 

 

 

 

いちご <旬:11月~3月>

長崎県は全国5位の出荷量があり、JA長崎せいひでは西海市、長崎市日吉・東長崎・琴海地区、西彼杵郡時津町を主体に生産しています。130戸の農家により約20ha作付けしています。主力品種『ゆめのか』は果皮が硬く、明るい鮮やかで光沢が良く、果肉がジューシーで糖度と酸味のバランスがよく爽やかな味わいです。

 

 

 

 

肉用牛 <旬:通年>

九州の西端、美しく複雑な海岸線を持つ半島や離島からなる長崎県で、肥育を目的として生産された長崎和牛。夏は比較的涼しく、冬は比較的暖かい、恵まれた自然環境の中で、1頭1頭が丹精と愛情を込めて育てられています。平成24年に開催された5年に一度の和牛のオリンピック「第10回全国和牛能力共進会」で、内閣総理大臣賞を受賞し日本一の称号を手にしました。また、当JAオリジナルブランドとして、長崎市内の農家、管内生産者8名のみで生産されている「出島ばらいろ」も近年知名度が高まっています。

 

 

 

 

その他かんきつ <旬:12月~5月>

大村湾、橘湾の潮風に育まれた『デコポン』で有名な不知火をはじめ、かんきつの女王『せとか』やユニークな形をしている『はるか』など多種に渡る品種を出荷しています。

 

 

 

 

ぶどう <旬:8月~9月>

西彼杵郡時津町で生産される『巨峰』、西海市西彼町で生産される『伊豆錦』。ぶどうの王様『巨峰』、全国唯一の種無しぶどう『伊豆錦』。県内市場や直売所へ出荷。管内直売所にて販売していますので、ご賞味ください。

 

 

 

 

もも <旬:6月>

長崎市琴海地区で栽培されるハウスもも。果汁が多く、甘味の良好な「日川白鳳」を中心に「恋みらい」「あかつき」の3つが主要品種。光センサー式の選果機を使用した糖度保証された『長崎味ロマン』のブランドは市場でも高い評価を受けています。

 

 

 

 

アスパラガス
<旬:2~4月・6~10月>

管内各地で栽培されるアスパラガス。穂先に含まれるルチンは血管を丈夫にし、高血圧の予防になります。グリーンアスパラガスだけでなく、県内最大のホワイトアスパラガスの生産も行っています。

 

 

 

 

ミニトマト <旬:10月~6月>

西海市西彼地区、長崎市琴海地区で栽培されるミニトマト。県内トップの単価を誇り、収穫期幅を長く取り、ほぼ周年で出荷できる体制を構築している。安定した量を長期間出荷できる産地として市場評価も高い。

 

 

 

 

ゆでぼし大根 <旬:11月~2月>

西海市面高地区、角力灘の寒風が生み出す旨みを蓄えたゆでぼし大根。寒風で乾燥したほんのりあめ色のゆでぼし大根は、素材がもつ旨み風味があるだけでなくビタミン・ミネラルを含む健康食です。

 

 

 

 

すいか <旬:6月~8月>

初夏の味、すいか。長崎市琴海地区で栽培される『長浦すいか』。『長浦すいか』は大玉の「祭りばやし777」だけでなく核家族化や少子高齢化のため大玉の需要が減少していることから、消費者ニーズに合わせた小玉の「ひとりじめBONBON」も栽培しています。

 

 

 

 

いちじく <旬:8~10月>

いちじくは長与町の生産者を中心に12戸が約1・5ヘクタールで栽培しています。近年、他作物からの転換により栽培面積は増えつつあります。主な品種は国内で8割を占める「桝井ドーフィン」で、日持ちの良さや程よい甘みとさっぱりした風味が特徴です。

 

 

 

 

ばれいしょ
<旬:12~2月・4~7月>

50戸が約15ヘクタールで丸物を中心にアイユタカ、メークインなどの品種を栽培しています。春作の栽培は西海市西海町の面高地区が9割を占めています。生産者の多くが特産である「ゆでぼし大根」に使用する大根の裏作としてばれいしょを栽培しています。

 

 

 

 

しょうが <旬:10月~11月>

主に長崎市古賀地区で栽培されるショウガは、100年以上の歴史を持つ産地です。その高い技術と品質が評価され、生姜栽培の基となる種子用として主に関西へ出荷しています。

 

 

 

 

輪菊 <旬:通年>

輪菊は、主に長崎市琴海・東長崎地区で栽培されています。主に取り扱う品種は「岩の白扇」、「神馬」、「精の一生」です。

 

 

 

 

肉豚 <旬:通年>

岩崎本舗の角煮にも使用される大西海SPF豚。豚の健康に配慮することで、豚の腸内環境を整え、肉の臭みを無くしました。麦や甘藷を多給した、こだわりの飼料を与えて育てました。純白でよくしまった脂肪をつくり、ジューシーでコクと旨味のある豚肉です。