投稿日時: 2020-10-22 (40 ヒット)

自身の生産状況を話す部会員(左)

   JA長崎せいひは、9月8日に、長崎市田中町でいちごの販売実績検討会を開きました。東長崎いちご部会員ら30人が出席。生産者の所得向上や経営安定化を目指す方策を探りました。
   検討会では2019年産の生産・販売実績や、面積当たりの販売高・収量を部会平均と比較。単価の部会平均を記載した「販売実績簡易分析シート」と、過去3年間の決算推移を記した「決算データ簡易シート」を用いながら県やJA 長崎県中央会、JA 職員らと生産者が個別に面談しました。シートからは見えない他作物の生産、後継者のことも含めて各生産者が抱える問題点を抽出し、その改善策を探りました。農林中央金庫長崎支店とJA 東長崎支店金融担当者も参加しました。営農資金や新型コロナウイルス感染予防対策に関する資金制度を案内。相談にも対応しました。




 投稿日時: 2020-10-19 (92 ヒット)

ぶどうを1粒ずつ審査していく関係者

   時津ぶどう部会は8月27日、久留里営業所でぶどう品評会を開きました。
   有核(種あり)の部28点、無核(種なし)の部18点を県央振興局やJA全農ながさき、市場2社など関係者らが厳正に審査。有核の部で満本キヌエさん(野田支部)、無核の部で崎山増己さん(西時津支部)が、それぞれ金賞に輝きました。
   時津町は県内有数の「巨峰」の産地。種なし「巨峰」、「クイーンニーナ」「シャインマスカット」「BK シードレス」などが出品されました。同部会員38名が取り組んでいます。
最高糖度は有核の部で21.6、無核の部で23.2と高めで、品質も良好でした。審査基準では着色、形状、玉張り、粒ぞろい、外観阻害などを重視しました。審査員は「高い技術力がうかがえた。平均糖度が高く、着色も抜群」と称賛。収穫したぶどうは市場や直売所を通して消費者に届けられます。
   森康博部会長は「今年は6、7月の長雨の影響で病害虫被害が発生した。しかし、生産者の管理努力で上出来に仕上がった。新しいことに挑戦していきながら産地を維持していきたい」と話しました。


 投稿日時: 2020-10-10 (262 ヒット)

   大西海ぶどう部会は8月9日、種無しぶどう「伊豆錦」の出荷を始めました。
   粒が大きめな「伊豆錦」は、紫黒色の果皮で身の締まりが良く、食べ応えがあるのが特徴です。良好な甘みと香りも楽しめます。
   西海市西彼町を中心に、ぶどう部会の部会員12人が570アールで栽培しています。施設による加温、無加温、屋根掛け、露地など多様な栽培方法で出荷時期をずらし、長い期間の出荷を可能にしています。
   初日は、高品質に仕上がった170キロを長崎の市場に出荷しました。原則として早期収穫とし、風通しの良い場所で選別します。
   営農指導員は、裂果やしなび果、傷み果、晩腐果が混入しないよう、選別に注意するように呼びかけました。


(1) 2 3 4 ... 143 »