「ゆうこう味」発売。伝統の柑橘PR に期待。
 投稿日時: 2014-02-10 (1355 ヒット)

   外海農産加工組合がつくる棚田かりんとうに、新しい商品が発売されました。地元外海地区伝統の柑橘である「ゆうこう」を原料として使用した無添加無着色のかりんとうで、管内の当JAの直売所を中心に、東京や福岡などの県外大都市でも販売されます。
   「ゆうこう」は、長崎市の土井首地区と外海地区の限定された地域にしか存在しない伝統の柑橘です。新品種として認定を受けて以降、外海地区においても産地化に向けた取り組みとして、加工品の開発等に力を入れています。棚田かりんとうは、その無添加でヘルシーな味わいから、県内外で着々と人気を集めているため、「ゆうこう」味の発売によりPR効果に期待がもたれています。

   同組合の松岡信道代表は「産地化に向けた取り組みによる原料増加により、更なる販路の拡大が必要。多くの人に食べてもらって外海特産のゆうこうをPRしていきたい」と話しました。
   棚田かりんとうは従来の「さつまいも味」「かぼちゃ味」「むらさきいも味」「じゃがいも味」「さといも味」と、新発売の「ゆうこう」味を含む6種類で1袋300円で販売しています。