地域の絆と健康づくりを目指して
 投稿日時: 2017-09-14 (211 ヒット)

会員に向けあいさつをする野本会長
(7月11日 長崎市元船町=本店)

 年金友の会は7月11 日に本店で第11 回通常総会を開いた。今年度の活動計画を策定し、会員増大に取り組みながら地域の絆づくり、健康づくりに向けて活動することを決めた。

 年金友の会は主にJA で年金を受給している者で組織し、会員相互の親睦を図り、健康で生きがいのある明るい人生を送ることを目的とする。今年度も従来通りグラウンドゴルフ大会、ゲートボール 大会などのイベントや親睦旅行、湯治旅行を計画。更に会員1人に つき新会員を1人紹介する「1・1運動」を引き続き展開し会員の拡大に取り組むことで、地域に幸せの和を広げるとともに会の育成活動を推進する。

 総会には会員をはじめ農林中央金庫長崎支店、JA 役職員など約110 人が出席した。野本徹会長は「それぞれの支店を拠りどころにし、地域の特色を活かした活動で地域の仲間との絆を深めてほしい。全体ではJA だから できることを広くPR して会員拡大に向けて積極的に取り組む」とあいさつした。