長崎ハウスびわ部会通常総代会開催
 投稿日時: 2017-10-31 (231 ヒット)

あいさつをする田平新部会長(真ん中)と新役員ら
(8月4日 長崎市元船町=本店)

 長崎ハウスびわ部会は8月4日に本店で第35回通常総代会を開いた。今年度は役員改選を実施。新部会長に三和支部の田平正敏さんを選んだ。

 今年産ハウスびわは着房率も平年より高く順調に生育した。しかしながら冬の寒波や春の低温により出荷は昨年より10日ほど遅くスタート。大玉傾向となったが腐敗果、裂果などの傷害果も目立った年となった。産地の信頼のためにも腐敗果対策をしっかりとし、今年度は収量の確保と腐敗果・障害果実を出さない堅実な肥培管理を部会活動の柱とし生産に取り組むことを決めた。

 田平正敏新部会長は「皆様の協力を得ながら、自分なりに職務を全うしていきたい」と意気込みを話した。