“フレミズ農園” で農業を学ぶ フレッシュミズたんぽぽ会通常総会
 投稿日時: 2018-07-04 (241 ヒット)

総会に出席する会員ら
(5月9日 西彼杵郡長与町)

 フレッシュミズたんぽぽ会は5月9日に第8回通常総会を開いた。会員らが農業や農家について理解を深めるために今年度新しく「フレミズ農園」を作り、一から農業に挑戦することを決めた。

 東志保部長は「農業に携わったことがない会員が増えつつある中で、私たち自身が農業に触れて理解を深めたい。更に子どもたちも一緒に活動することで食の大切さを伝えていきたい」と意気込む。これまでは消費者という立場から見ていた農業の現場を、実際に挑戦することで本部女性部の総会で決めた「JA自己改革の後押し」につなげる他、食育活動も実践するねらい。場所を長与町に決め、タマネギなどの野菜を栽培する予定だ。10月から本格的に農園活動を開始する。

 同会は長与町に住む女性を中心とした39人で構成。今年度は地域の食・農・暮らしを支えてきた女性部員それぞれが新たな活動にチャレンジしていくことを主軸とし、「住みよい地域社会づくり」を重点課題として活動する。「フレミズ農園」の他、親子日帰り研修やフラワーアレンジ教室などを計画する。