今年度女性大学を開講 女性組織の活動の1つとして
 投稿日時: 2018-09-09 (175 ヒット)

講師の実験を真剣に見つめる参加者ら
(7月12日、長崎市飯香浦町)

 今年度も女性大学がスタートした。昨年度までとは違い、女性部のグループ活動の一環として位置づける。女性大学で学んだことを女性部の支部活動で活かすねらいだ。

 参加者は45 人。北部地区、中部地区、南部地区に分かれて講義を受ける。例年同様、生活に必要な知識や知恵を身につけるために葬祭マナーや料理研究、洋食マナーなどについて勉強する。今年度初めての取り組みとして他地区のJA 祭の視察を計画。JA 祭を通じて他地区の地域の様子やその中で女性部がどのような活動をしているかを学び、自身の支部活動に役立てる。

 第1回目は「水と健康について」をテーマに、日本成人病予防協会を講師に迎えた。7月12 日の日吉営業所で開いた南部地区の同講義には11 人が参加し、講師に活発に質問しながら学習した。