地元農産物「巨峰」をプレゼント 時津ぶどう部会
 投稿日時: 2018-10-11 (892 ヒット)

ブドウに喜ぶ時津保育所園児ら
(8月25日、時津町浦郷)

 時津ぶどう部会は毎年地元の特産品である「巨峰」を特別養護老人ホーム時津荘をはじめとする福祉施設にプレゼントしている。今年は8月25 日に部会役員らが同老人ホームと時津町立時津保育所を訪れ、お年寄りや子どもたちに直接手渡した。

 数十年に渡る取り組み。お年寄りに元気になってもらうことを目的とし、子どもたちへの食育も兼ねる。食べやすい種無し巨峰を24パックずつ(1パック300㌘)プレゼント。部会役員3人と時津支店長が「長生きしてくださいね」「たくさん食べてね」などの声をかけながら笑顔で手渡した。

 森康博部会長は「お年寄りには地元の農産物を食べることで元気になってもらい、子どもたちには地元の農産物のことを知ってほしい。更にはこれをきっかけに時津産のブドウを広めたい」と話した。


森部会長からブドウを受け取る
時津荘入居者(8月25日、時津町西時津郷)