活動の継続に向け意欲 家の光大会で活動実績発表
 投稿日時: 2018-11-16 (123 ヒット)

 女性部は9月12 日に本店で平成30 年度家の光大会を開き、古賀支部の増田朝枝さんが「支店再編に負けない女性部」と題して活動実績発表を行った。

 「家の光」を活用した優良事例や女性部各支部の活動を知ることで今後の活動に対する意欲を高め、女性部全体の活性化を目的として毎年開く。古賀支部が活動の拠点としていたJA 支店が閉鎖する中で、増田さんをはじめとする部員らは不安になりながらも活動の継続を決意。新しい支店にはなかなか行けずJA から足が遠のくも、イベントへの出店を通して少しずつ近づき、まんじゅうづくりや料理教室などに積極的に取り組む様子を紹介した。発表の最後を「苦境を乗り越えてこれまで以上に団結できた。活動を続けて本当に良かった。これからも部員全員で楽しく活動していく」と締めくくった。

 同大会には女性部員をはじめ、県央振興局、家の光協会、JA 長崎県中央会、JA 役職員ら約180 人が出席した。増田さんは11 月に島原で開催する県の家の光大会で代表として発表する。

活動実績発表の様子(9月12日、長崎市元船町)