今年度トレーナーを任命 ベストパートナー制度
 投稿日時: 2019-07-22 (245 ヒット)

  

  JA長崎せいひで毎年新入職員を対象に実施する「ベストパートナー制度」が今年度もスタートし、5月8日に本店でトレーナー任命式を開いた。17人が1年間、新入職員の良き相談相手となりながら指導にあたる。

 白﨑純範専務が1人1人に任命書を手渡した。初めてトレーナーとなった本店共済部の森拓也職員は「初めてで不安もあるが、自分が新人だった頃を思い出しながら、パートナーと共に成長していきたい」と意気込んだ。

 同制度は新入職員(トレーニー)と先輩職員(トレーナー)が1対1でペアを組み相談しやすい環境を作り、仕事のことだけではなく精神面のことなどあらゆる面でのサポートを目指す教育制度。指導する立場であるトレーナーの成長も期待される。

 


任命状を受け取る森職員(5月8日、長崎市興善町)