県下共励会で岳下肇さんがグランドチャンピオン賞【「長崎和牛」系統枝肉共励会】
 投稿日時: 2019-10-05 (153 ヒット)

左から森口純一組合長、岳下さん、前田さん
(7月27日、佐世保市千尽町)

 7月27日にJA全農ながさきが開いた第25回「長崎和牛」系統枝肉共励会で、岳下肇さんの出品牛がグランドチャンピオン賞に輝き、1キロあたり7,040円と高単価で取引された。
県下JAの肥育牛生産者が去勢86頭、雌14頭の計100頭(内、JA 長崎せいひは32頭)を出品した。褒賞を獲得した10頭の出品牛全てがサシ(霜降り)がどれくらい入っているかを示すBMSナンバーが最高の12で、全体の上物率が93パーセントと立派な枝肉が揃った。他、前田博孝さんの出品牛が金賞を獲得した。