フレミズ東部長が活動発表【家の光大会】
 投稿日時: 2019-11-19 (102 ヒット)

発表をする東さん

   女性部は9月18日、西海市西彼農村環境改善センターで家の光大会を開き、フレッシュミズたんぽぽ会の東志保さんが「仕事から“志事(しごと)” へ~部長になって変わった私~」と題して活動実績発表を行った。
「家の光」を活用した優良事例や女性部各支部の活動を知ることで今後の活動に対する意欲を高め、女性部全体の活性化を図ろうと毎年開く。部員をはじめ関係者ら約170人が参加した。
東さんはJAのことをよく知らないまま同会に加入。その後部長になって活動する中で、「子どもや非農家の方にもっと農業を広めたい、体験してほしい」という思いから、JAの組織である強みを活かして「フレミズ農園」をつくり活動を始めた。農園活動を中心に地域の人たちと交流しながら活発に活動する様子を紹介。農業に初めて触れた部員や子どもたちが貴重な体験を通して、収穫の喜びや農作業の大変さを知ったことを報告した。
東さんは発表の中で「部長になって社会のために自身が何ができるのかを考えるきっかけとなり、仲間もたくさんできた。様々な年代で経験豊かな人たちが集まるこのフレミズで協力し合いながら、今後も活動を頑張っていきたい」と話した。

 

 


賑わう加工品売場

   大会の合間には各支部が手作りした加工品を持ち寄って販売した。オリジナルの手作りまんじゅうや味噌、バッグ、ティッシュカバー、石鹸など多彩な加工品が並び、部員らは他支部の活動を知り、自身の活動へとつなげる機会となった。