岳下肇さんが金賞【「長崎和牛」枝肉共励会】
 投稿日時: 2020-03-23 (2032 ヒット)

岳下さん(左から4番目)と受賞者、関係者ら
(2月5日、佐世保市千尽町)

 JA 長崎せいひは2月5日、佐世保市千尽町の佐世保食肉センター㈱で第14 回「長崎和牛」枝肉共励会を開い
た。金賞に岳下肇さんの出品牛を選んだ。

 生産者の技術向上と安定的な肉用牛の生産を目的に開く。生産者18 人が45 頭を出品した。枝肉重量やロース芯の面積、バラの厚さ、4等級以上の割合を示す上物率など、あらゆる面で全国平均を上回り、管内の生産者の生産技術の高さが表れた結果となった。その中でも金賞を受賞した岳下さんの出品牛は、「ロース芯が大きく、バラが厚く充実しており、皮下脂肪も厚く肉質も光沢がありきめ細かい」と評価された。