投稿日時: 2021-03-29 (314 ヒット)

来場客も思わず見惚れる♡
ハート形「せとか」

   JA長崎せいひは柑橘類「せとか」をハート形に試験栽培した商品の展示を2月上旬から、長崎市内の土産店や直売所に展示して来場客にPR しました。
   三重支店に駐在する高田豊営農指導員がJA管内生産者協力のもとに進めているハート形「せとか」は今年度全部で30個。面白い形の果実を作りたいと、県外の先行事例を参考に2014年から試作を始め、今回で7回目となり、バレンタインデーの贈り物やイベント向けに商品化を進めています。果実に型枠をはめてそのまま育てることで形作り、期間は5か月間を要します。「せとか」は果面がきれいで食味が濃厚。「甘さ」「食味」「香り」ともに三拍子が揃う最高級果実。今後は更に精度を高める挑戦を続けます。来場客は「ハート形でかわいい」「ぜひ販売してほしい」と話し賑わいを見せました。
   展示は、長崎市大黒町のホテルニュー長崎、長崎市尾上町のアミュプラザ長崎、長崎市京泊町の長崎漁港がんばランド、道の駅夕陽が丘そとめで実施しました。


 投稿日時: 2021-03-25 (168 ヒット)

目揃え会で規格を確認する部会員ら

   JA長崎せいひアスパラガス部会は2月9日に本年産春芽アスパラガスの出荷を開始。3月からの本格出荷に先立ち25日に西海支店で開いた出荷協議会では、部会員が出荷計画を共有し目揃え会で出荷規格を確認しました。
   今年産春芽アスパラガスの出荷数量は約60トンを予定しています。同部会は部会員57人が895アール栽培。昨年産は、夏場の高温や台風の影響で病気の発生が目立ったところもありました。販売面では、市場と連携して有利販売につなげます。また、気温上昇と共に、病害虫の発生も懸念されるため生産者、営農指導員一丸となり栽培管理を徹底して生産に取り組みます。
   同部会岩永一也部会長は「体調管理を万全に、新型コロナウイルス感染症にも注意して生産に努めていきたい」と話しました。


 投稿日時: 2021-03-22 (138 ヒット)

アスパラガス部会総代会の様子

   アスパラガス部会は2月5日、西彼支店で総代会を開き、昨年度の活動実績を振り返り、今年度の事業計画を策定しました。
   同部会はことのうみアスパラガス部会と大西海アスパラガス部会で構成。平成28年度に選果場を集約して新選別機と新結束機を導入しました。家庭選別等の労力軽減による栽培管理の徹底に取り組んで反収増加を目指します。販売面では、市場の要望等に対して積極的な対応を図り、有利販売に努めます。


 投稿日時: 2021-03-18 (149 ヒット)

三和支店に展示しています♪

   全国青年組織協議会主催の「JA青年組織手づくり看板全国コンクール」に当JA青年組織協議会も作品を出品しました。惜しくも受賞作品には選ばれませんでしたが、JA青年組織協議会が作った作品を三和支店に展示していますので、ぜひご覧ください。


 投稿日時: 2021-03-08 (198 ヒット)

審査の様子

   日吉青年部は1月26日に太田尾集出荷場で日吉地区農産物品評会を開きました。部員ら約10人が企画・運営し、地域住民との交流を深めました。
   同品評会は地域の活性化や農業振興を目指すと共に、地域住民との交流を深めるために毎年開いています。生産が盛んなイチゴが76点、花き類が28点、多彩な野菜・果実、加工品など合わせて63点が出品されました。森山寿樹部長は「地域活性化と組合員の楽しみのために、品評会を開催している。今年も無事に開催できて良かった」と話しました。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 151 »