投稿日時: 2013-09-28 (2334 ヒット)

地域の特色を生かした農業へ

    事務所内には、中部営農センターと長与支店の営農販売部門が配置されます。
    当JAは、第3次中期経営計画の重点実施事項の一つとして、営農センター制を導入します。広域化した地域農業に効率的かつ機能性を発揮するため、管内地域を3ブロックに区分し、組合員のニーズに対応した営農支援に努めます。


 投稿日時: 2013-09-24 (977 ヒット)

ガンバロー三唱にて部会員の意思統一を行った

    大西海みかん部会は、北部営農センターでかんきつ生産者大会を開きました。部会員や行政など約200人が参加し、平成25年産みかんの柑橘生産対策の徹底と、ブランドみかん増産・高品質商品づくりに向けて意思の統一を図りました。
25年産の柑橘は6・7月の降雨量が平年と比較してやや少なく、土壌の乾燥状態は良好。しかし、8月中の渇水で、果実肥大が著しく低下し小玉傾向となっています。着果については裏年ながら過多傾向にあり、生産量は5050トン( 前年対比91%)の予想です。


 投稿日時: 2013-09-19 (875 ヒット)

「みそ加工部」の皆さん

   東長崎地区女性部員らでつくる「みそ加工部」は、30年以上にわたって手づくりの「矢上みそ」をつくり続けています。長年の試行錯誤の結果つくり出した自慢のブランドで、直売所利用者を中心にリピーターが増加しています。
   「みそ加工部」は21人で構成され、長崎市近郊にある「ふれあい市」の5店舗を中心に販売しています。
   「みそ」づくりは同加工部員が在庫状況を把握し交代制で行い、年間約2.5トンを生産。近年、部員の高齢化により生産が厳しい状況となっていますが、安心安全の商品提供に部員一丸となって取り組んでいます。
   女性部みそ加工部の紙地千代野部長は「一層の販売高の増加を目指し、後継者を確保のため、若い人にとって魅力あふれる活動を行っていきたい」と意気込みを語りました。
   「矢上みそ」は800グラムで450円。JA直売所ふれあい市東長崎店・日見店・新大工店・大浦店・住吉店で販売しています。


 投稿日時: 2013-09-17 (2594 ヒット)

総会であいさつを行う瀬石幸男会長

   年金友の会は、第7回年金友の会通常総会を本店で開き、会員ら約100 人が出席しました。
   総会では、平成25年度の方針として、新規年金受給者に対する加入促進活動と、友の会育成活動に努めることを確認しました。
   具体的な内容としては、グラウンドゴルフ大会や旅行など、会員の親睦を深めるような取り組みや、統括支店ごとの加入拡大運動が計画されています。
   総会閉会後には講演会が開催され、「遺言について」という演題で、財産処分に関する勉強を行いました。


 投稿日時: 2013-09-12 (963 ヒット)

白熱したプレーで盛り上がる
ソフトバレーの試合

   ことのうみ地区女性部はこのほど、西彼杵郡長与町の町民体育館でレクリエーション大会を開きました。同地区5支部から女性部員110人が参加。軽スポーツで汗を流し、部員間の親睦を深めました。
   開会式で女性部の高石絹子部長は「この大会は毎年行われており、地区の活動として今では無くてはならないものとなっています。私たちの女性パワーを十分に発揮し、思い出に残る大会となるよう競技を楽しみましょう」とあいさつしました。


« 1 ... 94 95 96 (97) 98 99 100 ... 110 »