投稿日時: 2013-08-21 (1244 ヒット)

思い出が詰まった人形の
魂抜きを行う様子

   さくら会館三重斎場で6月29 日に「人形(ひとがた)供養祭」が開催されました。
    家族連れなど約108人が参列し、集まった685体の人形やぬいぐるみとの別れを惜しみました。
    この催しは同斎場が開業5周年を記念して行われたものです。濵口理専務の開会あいさつ後に行われた人形供養では、導師が参列者の思い出が詰まった人形やぬいぐるみなどの魂抜きをし、参列者は感謝の気持ちを込めて焼香を行いました。


 投稿日時: 2013-08-19 (864 ヒット)

青年部に指導を受けながら
丁寧に苗を植え付ける児童

   青年部東長崎支部は、長崎市立矢上小学校と連携し米づくり体験を通じた食育教育を実施しています。この体験は青年部が指導者となり籾蒔きから収穫までの一連の栽培を行う体験授業で、約30年続いています。
   12日に長崎市東町で行われた田植え体験では、5年生の児童ら約100人が参加し、約7㌃の水田に手植えを行いました。
   体験に参加した児童らは水田に入った時に「足が冷たい」や「どろどろしている」と興奮しながらも、作業に取り掛かると無我夢中で田植えに取り組んでいました。参加した保護者は「体験を通
して子供たちが食べ物を大事にするし、生きていく強さが身につく」と話し、今後の体験授業に期待を寄せました。


 投稿日時: 2013-08-16 (818 ヒット)

国道沿いで花植えを行う女性部員ら

   女性部琴海戸根原支部は、毎年琴海戸根原地区の国道沿いの歩道に花植えを行っています。地域の美化と部会員の親睦を深める事が目的で、20年以上続く取り組みです。
   女性部が花壇づくりから花植えと管理まで受け持ち、献身的な活動が評価され、平成23年3月には「ながさきグリーンキャンペーン実行委員会」で表彰を受けました。さらに平成25年7月には長崎市の「街を美しくする運動」推進協議会から功労者表彰を受賞しています。
   女性部の田添節子支部長は「このような活動にコツコツと長年取り組んだことで部員間の親睦も深まりました。現在は部員のみでなく部員の家族も活動に協力してくれています。このような地域貢献活動を通して、地域の活性化につなげていきたい」と話しました。


 投稿日時: 2013-08-15 (801 ヒット)

苗植え体験に満足顔の茂木幼稚園の園児ら

   青年部茂木支部は、茂木幼稚園の園児を対象に茂木町の転石地区で芋の苗植え体験を行いました。
   9人の園児が参加し地元の方が体験場として提供する畑で、青年部員が園児達一人一人に苗植えの指導を行いました。
   200本の芋苗を2列に分かれて植えた園児らは「とても楽しい」や、「まだまだ植え足りない」などと言いながら体験を楽しみました。「園児たちにとって素晴らしい体験学習になるのでまたお願いしたい」と今後の青年部の食育活動に期待する先生らの声も聴かれました。


 投稿日時: 2013-08-14 (937 ヒット)

マグロの解体ショーでイベントは
盛り上がりを見せた

   ふれあい市時津店が、3日よりプレオープンし、店舗拡張により品ぞろえの充実を図りました。
   15日に開いた「リフレッシュオープン祭」では、露天販売や振る舞いなどのイベントが行われ、会場は延べ650人の来店客で賑わいました。11時に開かれたマグロの解体ショーは大いに盛り上がりを見せ、直売所の再スタートに拍車をかけました。
   イベントで林宏泰店長は「リフレッシュして出荷会員の生産意欲を高め売り上げ増を目指したいです。これからも組合員の拠り所としての役割を果たしながら地域活性につなげていきたいと思います」と意気込みを語りました。

 


« 1 ... 100 101 102 (103) 104 105 106 ... 113 »