投稿日時: 2020-08-13 (7 ヒット)

 JA長崎せいひ女性部喜々津支部は6月24日に喜々津支店作業場で、約100人分の焼肉のたれを作りました。
   約20名の部員が参加。作り方は、ニンニク、醤油をミキサーにかけた後、赤味噌を加えさらにミキサーにかけ鍋に流し込みます。砂糖、酒、味の素、そして最後に油を加え混ぜれば完成。香ばしさを出すために炒りごまを加えるとさらに美味しくなります。完成した焼肉のたれを味見した部員は「美味しい!」と喜んでいました。
   西村喜和子支部長は「毎年焼肉のたれを作り終わった後にバーベキューをしているが、今年は新型コロナウイルスの影響で開催出来ない。家で家族と一緒に焼肉を楽しんでください」と部員らに呼びかけました。


 投稿日時: 2020-08-11 (24 ヒット)

 JA長崎せいひ女性部ことのうみブロック役員は6月23日、長与支店で役員研修を開き、「新聞紙で作るブローチ」と「セメント鉢」、「押し花手帳カバー」を作りました。
   役員らは和気あいあいと雑談を楽しみながら、あっという間の時間を過ごしました。


 投稿日時: 2020-08-09 (89 ヒット)

 6月21日に長崎市戸石町の長崎市農業センターですいか祭りが開かれ、JA長崎せいひ琴海地区瓜類研究会が「長浦すいか」を試食販売しました。毎年好評につき今年は800玉を用意し、多くの人が夏の味覚を求めて訪れました。
   同イベントは地産地消を推進し、市民の農業への関心を高めることを目的に開催しています。
   「長浦すいか」は、糖度が高くみずみずしさが特徴です。会場では同研究会の生産者らの「甘いよ」という威勢のいい掛け声が飛び交い、市民らが新鮮な農産物を買い求めました。
   「長浦すいか」を買った来場者は「毎年家族と一緒にすいかを買いに来る。毎年楽しみにしている」と話しました。
   「長浦すいか」の他、父の日にちなみバラが当たる抽選会やすいかの〇×クイズ、野菜や花苗等の販売など多彩なイベントが来場者を楽しませました。


 投稿日時: 2020-08-07 (114 ヒット)

講師からのクイズに元気よく手を上げて答える児童たち

 JA長崎せいひは6月19日、長与町立長与北小学校の3年生40名を対象に「総合的な学習の時間」の一環として地元特産である、みかんの講義を行いました。
   みかん産地の魅力を伝えながら栽培のノウハウを伝授し、農協と学校が密着した取組みで農業担い手増加など地域の活性化を目指します。児童らはみかんについて事前に学習し、講師を務めた南部営農経済センター別所重幸課長と峰真之祐営農指導員は、クイズ形式でミカンの栽培から収穫まで一連の流れを説明しました。講義終了後には、8名の児童からみかんの品種の種類などの質問が活発に行われました。


 投稿日時: 2020-08-03 (49 ヒット)

春作かぼちゃの品質を
確認する営農指導員

 JA長崎せいひ大西海南瓜部会の西彼地区は、6月16日に西彼野菜集出荷場で、本年度産春作かぼちゃの出荷を開始しました。
   新型コロナウイルスの影響で出荷協議会などは規模縮小開催となりましたが、JAや行政と連携を取りながら出荷計画や出荷規格を検討し、高品質の生産に努めています。
   今後の出荷見込みは、中心作型である3月旬定植分が6月下旬より出荷開始、7月上旬にピークを迎え8月中旬で出荷修了の見込みです。西彼地区は目標としている春作かぼちゃ平均反収1,405キロの出荷を目指します。出荷時には営農指導員が、果梗枝のひび割れなどの細かな仕上がり具合の検査の徹底を図り、支店及び個人間の較差の是正に努めました。
   西彼地区は、10人の生産者が9.1ヘクタールで栽培。今年度産を初出荷した生産者の池田進さんは「今年は若干小ぶりだが、例年よりも出来は良く味も抜群に美味しい」と話しました。


(1) 2 3 4 ... 111 »