投稿日時: 2019-02-20 (27 ヒット)

あいさつをする川勝支部長

(12月13日、長崎市式見町)

 

 女性部式見支部は12月13日に長崎市式見町の旧式見支店で設立総会を開いた。平成28年に休止した同支部が新たな顔ぶれで生まれ変わり、新しい方針の下で活動を再開。川勝陽子さんが支部長に就任した。  

 川勝さんが会長を務めた地域の女性グループ「式見作ろう会」が前身となる。

同グループは地域特性の風土を活かし、家庭菜園や小規模農家で作られた新鮮野菜を利用して地域特選の漬物加工品を作ろうと平成29年9月に結成。会員9人が地域に食の輪を広げ「漬物の町 式見」の定着化と地域活性化を目指し活動してきた。  

 事実上解散となっていた式見地区の女性部を復活させ、住民皆で地域を盛り上げようと、地元組合員らも協力して同支部を結成。同会の9人を含め、活動に賛同した女性らが集まって40から70歳台の20人での設立となった。同会は同支部の活動の1つとして位置づける。更なる活動の活性化のため、旧式見支店に農産加工施設を整備し、各家庭で加工販売してきた地域の漬物を同会のブランドとして生産する計画だ。伝統的な漬物技術の伝承や原料野菜の作付けなど、地域農業振興の拠点となることが期待される。  

 地域に家庭で漬物を作る人は多く加入に向けて声掛けを続け、来年度には30人に増える見込み。設立総会で支部長となった川勝さんは「地域の男性の方々にも尽力いただき設立できた。いつも笑い声が絶えないようなグループで、式見の素晴らしい伝統を絶やさないよう皆で良い物を作っていきたい」と話した。

総会後は皆で部会員お手製の漬物とおはぎ、豚汁を食べて交流しました


 投稿日時: 2019-02-13 (137 ヒット)

 

  アスパラガス部会は12月10日に西海市西彼町で平成30年産アスパラガスの販売反省会を開いた。部会員をはじめ市場関係者、行政、JA役職員など約60人が参加して本年産の生産・販売状況を確認した。  

 平成30年産については2月から出荷が始まり10月末頃まで選果を行った。春芽アスパラガスは前年産の不作をやや盛り返したものの、夏芽アスパラガスにおいては台風や酷暑、干ばつの影響で水不足や病害虫の被害に見舞われ減収につながった。春夏合わせて出荷数量が前年比104㌫の159.8㌧となったが、計画数量には届かず次年産に課題を残す結果となった。

 反省会では部会員と市場関係者らが活発に意見交換をした。松林和幸部会長は「生産販売体制をしっかりと確立していきたい。よりよい方向に向かっていくよう部会全体で頑張っていく」と次年産に向けて意気込みを話した。

 


あいさつをする松林部会長(12月10日、西海市西彼町)
 

 


 投稿日時: 2019-02-06 (148 ヒット)

 


グランドチャンピオン賞を受賞

した ㈱中村畜産の中村香さん(左)

 

金賞を受賞した渡部英二さん

 

金賞を受賞した岳下肇さん

 西海市和牛振興協議会とJA長崎せいひが12月に各種共励会を開いた。

肥育牛部会員らが出品し肥育技術を競った。 最上位の褒賞を受賞した出品牛はいずれも、格付けがA5等級でBMSナンバーが12と最高ランクとなり高単価で取引された。

 

○平成30年度西海市和牛振興協議会枝肉共励会 

1.開 催 日:平成30年12月4日  

2.場  所:佐世保食肉センター㈱ 

3.出品頭数:55頭  

4.平均枝肉重量:521.2㌕  

5.平均単価:2,696円  

6.上物率:89.1%

 

○平成30年冬季「長崎和牛・出島ばらいろ」枝肉共励会

1.開 催 日:平成30年12月10日  

2.場  所:JA全農ミートフーズ㈱九州支社  

3.出品頭数:36頭  

4.平均枝肉重量:532.7㌕  

5.平均単価:2,882円  

6.上物率:91.7%

 

○第6回「長崎和牛・出島ばらいろ」枝肉共励会イン佐世保  

1.開 催 日:平成30年12月12日  

2.場  所:佐世保食肉センター㈱  

3.出品頭数:30頭  

4.平均枝肉重量:528.6㌕  

5.平均単価:2,768円  

6.上物率:76.7%

 


 投稿日時: 2019-02-01 (209 ヒット)

 


大勢の人が集まった即売会

大人気の無料ぜんざい

嬉しいカキ焼きとカキ詰め放題

 JA長崎せいひは12月9日、長崎市矢上町の東長崎支店で南部地区JA祭を開いた。 農産物品評会も同時開催。組合員らが出品した新鮮な野菜や花卉、農産加工品の展示即売会をはじめ、女性部の食堂や加工品の販売などイベントブースが賑わった。  

 食と農の大切さと農業が果たす役割について地域住民にアピールすると共に、ふれ あいを深めるために毎年開く。同品評会には温州ミカンなど柑橘、野菜、花卉、加工品など1,375点が出品され、県や長崎市、JA職員らが厳正に審査した。県知事賞に 外観、糖度などが特に優れていたとして松崎暢睦さんが出品した温州ミカンを選んだ。 今年「みかんの部」に出品された97点の温州ミカンは、どれも高品質なものが揃っ ていて平均糖度も12.6度と高めとなった。出品された生産者の選りすぐりの農産物 を買うことができる即売会は毎年大人気で、今年も多くの人が集まって買い物を楽しんだ。  

 最後には日頃の感謝を込めて「長崎和牛・出島ばらいろ」や「長崎いちご」など特産物が当たる大抽選会を開催。 来場客の1人は「野菜やお餅を買えてとても満足した」とJA祭を楽しんだ。


県知事賞を受賞した松崎さん

 

 

豪華賞品ゲットの大抽選会

 

 

 

 

 

 

私に投げて!と

盛り上がる餅まき

 

 


 投稿日時: 2019-01-30 (134 ヒット)

杉野氏の講演を聴く役職員ら
(12月1日、長崎市出島町)

 JA 長崎せいひは12 月1日に長崎市出島町の長崎県JA会館で「コンプライアンスの日」研修会を開いた。役職員約500 人が集まり、過去の不祥事の反省を踏まえ、今後不祥事を起こさないために何をしていくべきか、改めて考える場となった。

 同JA では12 月19 日を「コンプライアンスの日」に制定し、毎年12 月に研修会を開く。過去に発生した不祥事を、時間の経過や新入職員が増加する中で風化させることなく、全職員が団結して再発防止に取り組むことを目的とする。研修会ではコンプライアンス基本方針を唱和し、再発防止策やコンプライアンスマニュアルを再確認。更に株式会社プロニカ代表取締役である杉野義和氏による「不祥事防止のコンプライアンス」と題した講演を聴いた。講演の中でコンプライアンスの意味や重要性、不祥事と私生活、ストレスとの関係などを再認識。プライベートも含め、自分自身をしっかりと『管理』することが重要であることを学んだ。

 森口純一組合長は「不祥事防止に向けた私たちのこれまでの取り組みは確実に組織の中に根付いてきていると思う。地道な努力の積み重ねを、これから先の業務、仕事にしっかりとつないで活かしてほしい」とあいさつした。


(1) 2 3 4 ... 84 »