投稿日時: 2021-03-04 (603 ヒット)

目揃え会で営農指導員の説明を聞く生産者

   西海市西彼町で1月末頃から露地不知火の集荷が始まりました。1月22日には管内各地で目揃え会を開き生産者らが出荷規格を確認しました。
   「不知火」は「清見」と「ポンカン」の交配により作られた柑橘類で、ヘタの周りにデコっとした部分があるのが特徴、温州ミカンのように皮を手で剥けるため食べやすいです。「不知火」の中でも外観が良く、糖度が13度以上、クエン酸が1.1パーセント未満と品質が優れているものは「デコポン」と呼ばれ人気を集めています。今年産は露地で120トンを計画しています。西彼みかん部会の七瀬成浩副部会長は「市場評価も高いため、2月の寒波に注意しながら管理をし、新型コロナウイルス感染症対策も徹底したい」と呼び掛けました。


 投稿日時: 2021-02-22 (620 ヒット)

ハウスびわの生育状況も確認

   大雪・低温による被害を確認する露地調査を1月18日と19日に管内の各びわ産地で行いました。県や長崎市、JA職員らが露地栽培のびわ畑を巡回し、実の状態などを確認。大西海地区では、数ヵ所の畑で被害が見られましたが、販売への影響はほとんど見られませんでした。びわは12月から1月にかけて開花結実し始めますが、氷点下3度以下の気温にさらされると種が凍死します。各地区で、2~3センチに育ったびわの実を半分に切って、中の胚の生育状態を確認しました。大西海びわ部会の井手孝博部会長は「2月上旬の冷え込みに注意して今後の作業を行い、初出荷に挑みたい」と今後の意気込みを話しました。


 投稿日時: 2021-02-18 (259 ヒット)

今年めでたく成人を迎える9名の職員

   1月6日に本店で、令和3年仕事始め式が開催されました。今年は、コロナ禍で規模縮小での開催となり、代表者のみの出席となりました。また、めでたく成人を迎える9名の職員へ記念品の贈呈が行われました。新成人代表では、松本ひなた職員が今後の抱負を述べました。


 投稿日時: 2021-02-08 (417 ヒット)

Sさんが実際に掘った
ハート型の里芋♡

   長崎市にお住まいのSさん
「ある日、畑で里芋を収穫していると、珍しいハート型の里芋を発見しました。コロナ禍の中、何か嬉しい出来事に出会えたような気がして、皆さんにもステキな出来事が起こるようにと、小さなニュースをお届けしました」
   可愛らしいハート型の里芋♥幸せなニュースのおすそ分け、ありがとうございます♪今年1年、Sさんにとっても皆さんにとっても笑顔で過ごせるステキな1年になりますように…


 投稿日時: 2021-02-04 (264 ヒット)

大売り出しで賑わうJA長崎せいひ管内の直売所

   JA管内直売所で12月27日~ 30日の4日間、年末大売り出しを開催しました。正月用切り花や松竹梅、贈答用の果物、新鮮な野菜などを販売。また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、マスクの着用や入口での消毒の呼びかけも徹底しました。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 122 »