投稿日時: 2018-08-29 (199 ヒット)

あいさつをする山口部会長
(6月4日、時津町日並郷)

 柑橘部会は6月4日に時津町北部コミュニティセンターで通常総代会を開いた。マルチ被覆対策によるブランド率向上と安定した生産量の確保を目指す。

 平成29 年産は低温の影響により発芽が遅れ、更には発芽から温暖に推移したことによって開花までの期間が不足し、花卉の充実不足などが生育当初より懸念されていた。着花については早生温州までは概ね確保されていたものの、普通温州では多くでバラつきが見られ、相対的に裏年となった。このような状況から産地パワーアップ事業及びJA 長崎せいひの農業生産強化支援事業によるマルチ推進と並行して、マルチ専門研究会を地区ごとに実施。積極的な品質向上対策に取り組んだ。結果、糖度は8月上旬まで順調に向上したが、例年同様に天候不順の影響により、目標とするブランド率に達することができなかった。しかしながら一方で販売状況については、全国的な品質低下などが要因となり苦戦したものの、早生温州以降においては、全国的な出荷量減の影響などから好調な販売結果となった。

 今年度は所得増加を目指す取り組みとして、ブランド率向上の実現と安定した生産量の確保をカギとし、マルチ被覆の目標を設定し、園地の環境整備、被覆資材の適正化など被覆方法の改善に努める。更に今後の対策として、部会員の高齢化や後継者不足、兼業化の問題に対処して産地を残していくため、集荷対策など具体的かつ効果的な取り組みを講じていく必要があるとした。山口賢剛部会長は「できることから課題を解決しつつ、所得向上につなげたい」とあいさつした。


 投稿日時: 2018-08-27 (1080 ヒット)

挨拶をする北川理事長

 小迎地区で進めてきた柑橘を中心とした基盤整備事業がいよいよ着工に乗り出す。組合員をはじめ、行政、JA など関係者らは5月27 日に北部営農センターで小迎南風崎土地改良区設立総会を開いた。

 基盤整備事業は生産量の拡大や担い手の確保等を目指す取り組み。農業をするのに不便な土地や耕作放棄地を優良農地として整備し再生させるだけではなく、機械の導入がしやすいよう設計し、排水設備、倉庫などの共有施設も整えることで効率的な農作業と費用の削減を可能にし、働きやすい環境をつくる。同地区においては平成25 年4月にJA 長崎せいひが長崎県に樹園地の基盤整備を提案し、候補地の視察や大西海みかん部会との打ち合わせ、各種説明会を通して平成28 年に第1回小迎地区基盤整備事業推進委員会を開催。事業の実現を目指して取り組んできた。平成30 年3月に土地改良事業画が確定。受益戸数は46 戸、受益面積は13.8㌶になり、工期は本年度から平成35 年度までを予定する。

 設立総会で北川和道理事長は「土地改良区の設立により、団地の維持管理はもとより、この団地が未来永劫、全国の柑橘産地の見本となるような組織運営、及び活動を行っていきたい」とあいさつした。


設立総会の様子(5月27日、西海市西彼町)

 投稿日時: 2018-08-24 (278 ヒット)


年間最高販売高賞を受賞した
㈱中村畜産の中村香さん
(5月29日、長崎市元船町)

 大西海肥育牛部会は5月29日に本店で平成30 年度通常総会を開き、昨年度優秀な成績を収めた農家を表彰した。

 生産意欲の向上と技術の向上、経営改善や銘柄確立の為に毎年行い、収益性を高めて生活安定・向上につなげることを目的とする。昨年度枝肉重量500㌕以上かつ上物率80㌫以上、年間出荷頭数20 頭以上という目標基準を満たした農家すべてと、年間最高販売高賞、年間平均最高販売価格賞、増加額賞を1人ずつ選び表彰した。

 総会には部会員をはじめ、県や西海市、家畜診療所、JA など関係者約20 人が出席。来海利広部会長は「昨年度は部会活動が順調に進み、平均枝肉重量が10㌕増加し上物率も7㌫向上した。本年度についてもこの成績を超えられるよう部会員一丸となって頑張っていこう」と呼びかけた。

▽受賞農家は以下の通り(敬称略)

氏 名
平成29年度目標達成賞 山口  光
来 海 利 広
田 口 辰 也
三 枝 一 美
年間最高販売高賞 ㈱中村畜産
年間平均最高販売価格賞 来 海 利 広
増加額賞 三 枝 一 美

 投稿日時: 2018-08-21 (209 ヒット)

挨拶をする渡部部会長
(5月29日、長崎市元船町)

 肥育牛部会は5月29 日に本店で平成30 年度通常総会を開いた。「枝肉重量 去勢500㌕、雌480㌕以上、かつ上物率85㌫以上、A等級率90㌫以上」を目標に一丸となって取り組むことを決めた。

 同部会は長崎地区と大西海地区で肥育牛を営む21 人で構成する。昨年度も同目標に取り組んだが、結果として達成できなかったものの、重点的に取り組んだ枝肉重量の増加については、前年よりも7.6㌕(去勢6.5㌕、雌12.1㌕)向上することができた。今年度も素牛価格が高値で推移し経営に予断を許さない状況の中、再度同目標を掲げ、達成に向けて部会員が団結した。

 総会には部会員をはじめ、市場、行政、JA などの関係者ら55 人が出席した。渡部英二部会長は「畜産を取り巻く環境が厳しい中、農家だけでは解決できない問題もある。本日ご来賓の皆様のご協力のもと、部会員一丸となって苦しい時を乗り切ろう」と呼びかけた。


 投稿日時: 2018-08-19 (322 ヒット)


入賞した方々(6月1日、諫早市多良見町)

 JA 長崎せいひ喜々津支店の地域住民らが参加するグラウンドゴルフ大会(諫早市グラウンドゴルフ協会主催)が6月1日、諫早市多良見町のなごみの里運動公園で開かれた。JA 合併前の多良見町農協から数えると20 回目。健康的に体を動かしながら交流する同大会は恒例行事として定着し、毎年多くの人たちが参加する

 青空の下、参加者らは白熱した戦いを繰り広げ、宮崎健一さんが優勝した。

▽入賞者は以下の通り(敬称略)

順 位 氏 名 クラブ名
優勝 宮 崎 健 一 シーサイド
準優勝 松 尾 春 雄 化屋
3位 吉 原 テル子 シーサイド
4位 松 永 良 文 シーサイド
5位 内 田 保 信 市西
6位 森  ケサエ 市西
7位 不動寺 利 一 中央
8位 若 杉 演 宏 シーサイド
9位 宮 崎 弘 司 シーサイド
10位 松 尾 光 紀 市西

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 79 »