投稿日時: 2018-05-07 (406 ヒット)


松本部会長による謝辞
(1月29日 長崎市長浦町=琴海支店)

 大西海ゆでぼし大根部会が平成29 年長崎県民表彰を受けた。長年に渡りゆでぼし大根の生産に取り組み、その牽引役として県内外において消費宣伝活動等による知名度の向上に尽力するなど、農林業の発展に貢献したことが評価され優良団体に選ばれた。

 ゆでぼし大根は西海市が日本一の産地となっている長崎県の特産品で、大根(品種「大栄大蔵」)を千切りにしてから茹で上げ、寒風にあてて旨味を凝縮。ほんのりとした甘みが特徴だ。栽培から加工まで、商品の均一化と品質向上を図りながら同部会が一丸となって生産する。JA でゆでぼし大根の販売を開始したのは昭和30 年代。昭和42 年にゆでぼし大根部会を結成した。大根を干すやぐらを竹製から鉄の金網へと変更、大型低温貯蔵施設の整備などの発展を経て、第40 回日本農業賞集団組織の部(県代表)最優秀賞をはじめとし数々の栄誉ある賞を受賞。生産にこだわりを持ちながら知名度向上に向けた取り組みに尽力し、農林業振興へ多大な貢献をした功績が高く評価され、今回の受賞に至った。現在15 人の部会員で生産し、昨年産の生産量は122㌧。10 年後には部会員数の減少や高齢化による生産量の減少が懸念される中、安定的な販売に向けて130㌧前後の生産量を確保するため、農地の基盤整備や労力確保のための対策を行っていく。

 3月26 日に西海市西彼町の魚魚の宿で開いた祝賀会では、発起人として野口良德組合長が「昭和30 年代から、先人の先見の明があり第6次産業を確立してきた。頼もしい団体となり、全国に向けたPR と共に農業の地位向上に貢献したことで表彰された。農業振興の牽引者として、今後も誇りを持って進めていただくことに大いに期待する。JA も大西海ゆでぼし大根部会を見習っていきたい」とあいさつ。同部会松本英喜部会長は「部会が発足して早半世紀、受賞は先人の方々の努力の成果だと実感している。これを糧とし、部会一丸となってゆでぼし大根の伝統を少しでも長く受け継いでいきたい。そして今後、基盤整備、労力支援、関係機関との連携を取りながら、課題を1つずつクリアしていきたい」と話した。

 

 


万歳三唱

鏡開き

 投稿日時: 2018-04-27 (301 ヒット)

講師の手本を見ながら勉強する部員ら
(2月7日 長崎市長浦町=四季彩館)

手作りのそばと色とりどりのおにぎりを皆でいただきました

 女性部は2月7日に長崎市長浦町の四季彩館で地産地消料理研修会を開きそば打ちを体験した。長崎県立西彼青年の家の辻道行さんを講師に迎え、そば粉をこねるところから切ってゆでるまでを講師の指導のもとで挑戦。出来上がったそばは、それぞれが手作りの具を持ち寄って作ったオリジナルのおにぎりと共に味わった。

 同研修会には管内の支部から支部役員と事務局約50人が集まった。講師の手本で工程を確認してから実際に作業。初めてそば打ちをする人も多く、「難しい」という声が多く聞こえた。こねる時の水分の量やこねた後の生地の延ばし方などに気を遣いながら、いよいよ切って麺を作るときには、皆緊張した面持ちで丁寧に切っていった。そば粉は琴海の農家で作ったもの。出汁も女性部員の1人が作り、皆で美味しく味わった。

 杉本三矢子女性部長は「研修を通していい知恵を得て、勉強してほしい」と部員らに呼びかけた。

 


 投稿日時: 2018-04-25 (223 ヒット)

右から早崎さん、若杉さん、峰さん
(2月16日 長崎市太田尾町=太田尾公民館)

地元住民の笑い声あふれる即売会
(2月16日 長崎市太田尾町=太田尾農業倉庫)

 日吉青年部は2月16 日に日吉地区農産物品評会を開き、222 品が集まった。出品された農産物の中には地区の特産物であるイチゴ101 品をはじめ、同青年部が毎年行う小学生への食育活動の中で共に育てたじゃがいもなどもあり、地域一体となったイベントとなった。地元の幼稚園児らと餅つきをしてつきたての餅を販売。抽選会や農産物の即売会もあり、近隣から多くの人たちが詰めかけた。

 太田尾町公民館で開いた表彰式で横山寿貴部長は「去年より多く出品されていた。大変良いものができていたと思う。今後青年部の活動も、人数も減る中で精いっぱい頑張っていきたい」とあいさつした。

 

▽1等賞受賞者は以下の通り(敬称略)
部 門 氏 名 品 名
いちご 早崎 勝利 ゆめのか
花卉 若杉 宏喜 神馬
野菜・果実 峰 三代志 ホウレンソウ
加工品 横山 一代 イチゴジャム

 投稿日時: 2018-04-20 (427 ヒット)

目揃え会で規格を確認する部会員ら
(2月19日 西海市西彼町=西彼支店)

 アスパラガス部会は2月14 日に本年産春芽アスパラガスの出荷を開始した。3月からの本格出荷に先立ち19 日に西彼支店で開いた出荷協議会では、部会員が出荷計画を共有し目揃え会で出荷規格を確認した。

 同部会は部会員70 人が980㌃の園地で栽培する。昨年度管内2つの部会を統合して選果場を集約し選別機を導入。本年産より一選果場での共同選別を行い合併メリットを活かした指導・販売を目指す。本年産は夏秋からの気温が低く、曇りや雨の影響で病気の発生が目立ったところもあったが、地下部への養分転流は十分。今後は保温等の適正管理を徹底することで順調な萌芽が期待でき、不作であった昨年産から一転し例年よりも多い90.4㌧の出荷を計画する。販売面では精度の高い産地情報を発信すると共に各市場からの注文や要望等へ積極的に対応する。更にはより高単価販売に向けて市場集約を図る予定だ。

 出荷協議会には部会員を始め行政、市場関係者、JA 役職員など約80 人が出席した。松林和幸部会長は「できるだけ多く出荷したい。皆様の協力をお願いする」と部会員に呼びかけた。関東・関西に向け、5月中旬頃まで出荷は続く。


 投稿日時: 2018-04-17 (346 ヒット)

販売所を見学する新入職員
(2月20日 長崎市東出津町=道の駅夕陽が丘そとめ)

 平成30年度に正職員として入組する新入職員28 人が、2月20 日にJA 長崎せいひの施設を見学した。主要作物である温州ミカンの重要な施設であるミカン選果場をはじめ、直売所や葬儀場、支店を見学。JA の仕事や役割を肌で感じる研修となった。

 また時津支店においては、若手職員を代表して時津支店金融総務課の濵本友樹職員が職員としての心構えを話した。新入職員らは質問をし、JA やJA 職員への理解を深めた。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 74 »