投稿日時: 2014-04-24 (744 ヒット)

商品説明会で試食をする関係者ら

   「"長崎和牛・出島ばらいろ"消費拡大実行委員会」は長崎市内のホテルで「長崎和牛・出島ばらいろ」の商品説明会を開きました。
   長崎市内の料理を提供する店舗を対象に消費拡大を図ろうと企画したもので、同実行委員会のメンバーを始め宿泊施設や飲食店の関係者合わせて30人が参加しました。
   この説明会は平成26年度に長崎で開かれる「がんばらんば国体」で、全国から訪れる人たちに「長崎和牛・出島ばらいろ」をPRするため、多くの宿泊施設や飲食店の関係者らに積極的に食材として利用してもらうのが目的。


 投稿日時: 2014-04-21 (884 ヒット)

出荷に向けて目揃いを行う生産者ら

   全国一の生産量を誇る県産びわのうち、ハウスものの半分以上を占める長崎びわ部会の初出荷式が茂木支店選果場で行われました。
   出荷された平成26年産ハウスびわは糖度が16度に達したものもあり、例年と比べても良好な仕上がりとなっています。出荷量はほぼ前年並みの210トンを見込んでおり、東京と大阪の市場を中心に出荷予定です。

   平成26年産ハウスびわは、昨年11月以降に気温の低い日が続いたことと燃油価格の高止まりによって生育が1週間ほど遅れました。しかし、年明けから続いた晴天により日照量が確保されたことで平均糖度は13度前後と十分な甘さに仕上がりました。栽培品種はやわらかい果肉が特徴の「長崎早生」が中心となります。


 投稿日時: 2014-04-10 (557 ヒット)

   当JAは和牛枝肉共励会を佐世保食肉センターで開き、最高位のA-5等級で中村勝三さん(西海市西海町)の出品牛が金賞に選ばれました。一層の生産意欲と技術の向上を図ろうと毎年開き、今年で8回目。管内の長崎地区や大西海地区から50頭が出品されました。
   金賞に輝いた中村さんの出品牛の1キロ当たりの枝肉単価は3500円と最高値で取り引きされました。出品枝肉全体は、4等級以上の上物率が86%と、昨年に続き近年で最高の成績を記録しました。

 


 投稿日時: 2014-04-07 (851 ヒット)

目ぞろえ会で出荷規格を確認する様子

   平成26年産春芽アスパラガスの出荷本格化にあたり、大西海アスパラガス部会は西海市西彼町の魚魚の宿で出荷協議会を開きました。
   生産者をはじめ県央振興局や市場関係者など約70名が出席。全農や市場関係者が情勢報告し、県央振興局が今後の管理として保温開始時期やかん水、病害虫防除について指導しました。


 投稿日時: 2014-04-03 (749 ヒット)

伝統料理づくりを行う様子

   長崎中央支店管内の女性部員らでつくる「興善塾長崎伝統料理伝習所」は、「ひなまつり料理」の講習会を長崎市平野町の長崎歴史民俗資料館で開きました。
   長崎の伝統料理の継承と普及を目的に今年で9年目となる今回は長崎市内の消費者40名を対象に実施。伝統料理づくりや試食、お茶会等を通して長崎の伝統料理を伝授しました。
   当日は、「ひなまつり料理」としてちらし寿司やあさりの吸い物、白和え、赤カブの酢漬け等の作り方を参加者に伝授しました。「お茶会」では興善塾の会員が講師を務め、お茶の作法の体験指導を行いました。

 


« 1 ... 54 55 56 (57) 58 59 60 ... 71 »