投稿日時: 2013-02-13 (1354 ヒット)

簡素化出荷に向け、規格を確認する
イチゴ生産者

   JA長崎せいひ大西海いちご部会は、二番果の本格出荷を前に開いた中間実績検討会で、一番果の取引単価が1キロ当 たり平均1700円以上と近年で最高額を記録し、県内トップの販売単価を実現したことを報告しました。中心品種「こいのか」が高い評価を受け、相場を押し 上げた結果となったことから、出荷期間を通して最も生産量が多い二番果の高値販売に期待が高まります。


« 1 ... 63 64 65 (66)