投稿日時: 2014-02-10 (1186 ヒット)

   外海農産加工組合がつくる棚田かりんとうに、新しい商品が発売されました。地元外海地区伝統の柑橘である「ゆうこう」を原料として使用した無添加無着色のかりんとうで、管内の当JAの直売所を中心に、東京や福岡などの県外大都市でも販売されます。
   「ゆうこう」は、長崎市の土井首地区と外海地区の限定された地域にしか存在しない伝統の柑橘です。新品種として認定を受けて以降、外海地区においても産地化に向けた取り組みとして、加工品の開発等に力を入れています。棚田かりんとうは、その無添加でヘルシーな味わいから、県内外で着々と人気を集めているため、「ゆうこう」味の発売によりPR効果に期待がもたれています。


 投稿日時: 2014-02-03 (748 ヒット)

落成式でテープカットを行う様子

   西海市西彼町小迎郷に新しい給油所がオープンしました。この給油所は旧Aコープ小迎店の跡地に全農エネルギー株式会社が建設したものです。隣接する当JAの直売所グリーンセンターとの相乗効果に期待が高まっています。
   仕様としては、ガソリン用が6か所、灯油用が1か所の給油スポットがあり、全自動洗車機と6台分のタッチアップスペース(セルフで室内清掃や拭上を行う場所)を備えており、広々とした敷地に、ゆとりある空間となっています。

 


 投稿日時: 2014-01-30 (661 ヒット)

自然を利用した様々な
ゲームを行いました

   ながさき県民の森オートキャンプ場でトレーニー・トレーナーの交流会を開きました。今年度から本格的に実践する職場活性化の取り組みと新入職員のフォローアップ制度であるベストパートナー制度の取り組みに呼応したもので、各部署2人ずつの併せて18人が参加し、大自然で行うネイチャーゲームや、アウトドア料理を通してパートナー同士のきずなを深めました。
   この取り組みはトレーニー(新人職員)とトレーナー(先輩職員)の交流と、悩みや情報の共有により、同制度の効果を高める事が目的です。


 投稿日時: 2014-01-25 (815 ヒット)

試食をしながら肉の仕上がりを
確認する様子

   「長崎和牛・出島ばらいろ」消費拡大実行委員会は長崎市のメルカ築町で商品説明会を開きました。肉の小売販売店の店主ら8人を対象に「長崎和牛・出島ばらいろ」の紹介と試食会を実施。商談では、地元での販路拡大に向けた本格的な流通の課題について意見交換を行いました。
    説明会には、食品生活衛生同業組合員を対象に声掛けし、8店舗が参加しました。現在の牛肉情勢と流通形態の説明をはじめ、長崎地区肥育牛部会の前田博孝部会長が、「長崎和牛・出島ばらいろ」にかける意気込みを生産者代表として話し、参加者らに積極な取引を呼びかけました。


 投稿日時: 2014-01-20 (765 ヒット)

目標達成に向け意気込みを語る古館会長

   共済代理店連絡協議会は長崎市内のホテルで「共済代理店連絡協議会女性のつどい」を開きました。JA共済の代理店を経営もしくはその代理店に勤務する女性32人が出席しました。
   このつどいは同JAと共済代理店との情報交換を通じ、目標達成に向けて連携強化を図ることが目的。会では県下代理店の情勢報告や交通安全教室、落語など充実したプログラムが組まれ、落語家の桂千朝氏の語りに会場は笑顔に包まれました。同協議会の古館孝彦会長は「この集いを弾みに、目標達成に向けて会員一丸となって頑張って行こう」と意気込みを語りました。
 


« 1 ... 63 64 65 (66) 67 68 69 ... 78 »