投稿日時: 2013-11-08 (839 ヒット)

選果基準の確認を行う様子

    9月25日に家畜の御霊を供養する畜魂祭を長崎市三京町で開きました。同市三重地区を中心に長崎和牛の独自ブランド「出島ばらいろ」の生産に励む長崎地区肥育牛部会をはじめ行政、JA全農の他、「出島ばらいろ」を扱う地元販売店など関係者43人が出席し、約1500頭の家畜の霊を慰めました。
     神事では、宮司による修祓(しゅうばつ)の儀の後、畜産農家の代表者らが玉ぐしをささげ感謝の意を示し、畜産業界の安全と発展を祈願しました。


 投稿日時: 2013-11-01 (937 ヒット)

車両の安全点検を行う朝末さん

   206亀岳給油所で9月4日にJA-SSドライブウェイコンテスト予選会が開かれました。今回は当JAのSS職員と全農エネルギー株式会社のSS職員を含む10人が参加し、日頃の業務の成果を発揮しました。
    審査は、スピーディーで確実な印象を与えられているかをポイントに、総合印象、接客サービス、安全サービス、技術サービスの4部門で評価されます。


 投稿日時: 2013-10-31 (1120 ヒット)

温州ミカンの出荷規格を確認する生産者ら

   柑橘(かんきつ)連絡協議会は9月21日、平成25年産温州ミカンの本格出荷を前に、久留里事業所で極早生の出荷目揃会を開きました。営農指導員や生産者ら約30人が参加し、出荷規格の確認を行いました。出荷は10月1日からスタートします。
    25年産の温州ミカンは8月の干ばつの影響で小玉傾向ですが、平均糖度については平年より高い水準で、品質は良好です。また、農業所得向上を目的に極早生から早生・普通温州に一部改植を実施しました。品質の安定とブランド率拡大で、より高単価を目指します。計画出荷量は1万5401トンを見込んでいます。


 投稿日時: 2013-10-28 (865 ヒット)


長崎市をはじめ、当JAやチョーコー醤油(しょうゆ)など7つの地元団体企業でつくる「食卓の日」推進協議会は、「食卓の日」絵画コンクール審査会を市内で開きました。
   小学生の部では長崎市長賞に梅本華帆さん(横尾小学校6年)、JA長崎せいひ組合長賞に田口苺依子さん(西北小学校2年)を、中学生の部では市長賞に桑原琴音さん(丸尾中学校1年)、JA組合長賞に寺西香菜子さん(横尾中学校1年)の作品をそれぞれ選びました。


梅本華帆さんの作品

田口苺依子さんの作品

桑原琴音さんの作品
寺西香菜子さんの作品


 投稿日時: 2013-10-21 (942 ヒット)

    ぶどう部会時津部会は、生産者43人が「巨峰」を中心に、選りすぐりのブドウを75点出品しました。厳正な審査の結果、有核(種あり)の部で三井治之さん、無核(種なし)の部で川嶋節子さんが金賞に選ばれました。
    品評会の翌日には「時津巨峰まつり」でブドウの試食販売が開かれ、品評会入賞品を含む129箱(309キログラム)のブドウの購入客で終日賑わいを見せました。


« 1 ... 65 66 67 (68) 69 70 71 ... 77 »