投稿日時: 2013-04-08 (1424 ヒット)

渉外部門で最優秀賞に選ばれた小西さん(左端)と
 窓口部門で優秀賞に選ばれた福田さん(右端)  

    農林中金長崎支店主催の「JAバンク長崎ロールプレイング大会」で、西浦上支店の小西達哉さんが渉外部門で最優秀賞に、窓口部門では長与支店の福田沙織さんが優秀賞に輝いた。
   大会は、県下JAの予選会を勝ち抜いた渉外部門7人、窓口部門6人が出場し、セールストークや応酬話法などスキルアップのための内容が盛り込まれた課題に臨んだ。お客さまに信頼される担当者を目指し、顧客情報からニーズを掘り起こし提案を競った。


 投稿日時: 2013-04-03 (1434 ヒット)

生育状況を確認し、管理の
 指導を受ける部会員 

   西彼トマト部会管内で、ミニトマトの出荷が順調だ。10アール収量、平均単価ともに近年を上回る好調なペースで、1日約3000パック(1 パック200グラム)を連日、関東の市場に送り出している。前年からのトマトダイエットブームなどの影響で、現在も1キロ当たり800円と高水準の相場展開が続いており、部会員らは近年で最高収量となる10アール当たり10トンを目標に、出荷量増大へ一丸で取り組んでいる。


 投稿日時: 2013-04-01 (1177 ヒット)

出品牛が金賞に輝き、肥育技術
の高さを印象付けた渡部さん
(左から2人目)

   長崎地区肥育牛部会に所属する渡部英二さんの出品牛が、ジェイエイ北九州くみあい飼料(株)主催の配合飼料和牛枝肉研究会で、最高位の金賞に輝いた。
   渡部さんは、昨年10月の第10回全国和牛能力共進会(長崎全共)の肉牛の部で、内閣総理大臣賞を受賞したメンバーの一人。日本一の称号を手にしただけに、今回の枝肉成績は、肥育技術の高さを印象付ける結果となった。


 投稿日時: 2013-03-27 (1034 ヒット)

毎月の圃場巡回で栽培上の問題点などを
共有し合う部会員ら

   三和町支店花卉(かき)部会は、キンギョソウとトルコギキョウを2本柱に、ほぼ周年で出荷して、市場ニーズに沿った確かな品質の花を安定供給するなど、戦略的な農業経営をしている。生産技術の高位平準化のため、各部会員の圃場(ほじょう)を毎月巡回するなど、きめ細かい栽培管理と高品質生産への士気の高さで市場評価を勝ち取り、全国的にも高い平均単価を実現している。


 投稿日時: 2013-02-22 (1337 ヒット)

2年連続で金賞に輝いた
前田さん(前列中央)と入賞者

   JA長崎せいひは、和牛枝肉共励会を佐世保食肉センターで開き、最高位のA-5等級で前田博孝さん(長崎市三京町)の出品牛を、昨年に続き2年連続で金賞に選びました。
   一層の生産意欲と技術の向上を図ろうと毎年開き、今年で7回目。管内の長崎地区や大西海地区から枝肉50頭が出品されました。


« 1 ... 72 73 74 (75) 76 »