投稿日時: 2017-09-01 (381 ヒット)

これからびわ栽培をしてみたい方を対象に、びわ畑を借り上げて実際に栽培しながらびわについて学んでもらう講座を開講します。実習が主となり、実践的に学べる講座です。

 

募集人数:10人程度

募集対象:びわ栽培をしてみたい方

 

講座内容 場所
9月 第1回 びわ園の視察 剪定実習 現地
10月 第2回 びわの生理生態について 茂木支店
11月 第3回 びわの摘蕾実習 現地
12月 第4回 びわ農家への道(栽培歴・経営) 茂木支店
1月 第5回 びわ摘房実習 茂木支店
3月 第6回 びわ摘房・袋かけ実習 現地

 

 

興味のある方、詳しいことを知りたい方は下記までご連絡ください。

 

長崎びわ産地活性化推進協議会事務局(担当:馬場)

住所:長崎市茂木町1590-120 JA長崎せいひ茂木支店2階 南部営農センター内

電話番号:095-836-0502


 投稿日時: 2017-08-30 (112 ヒット)

長浦すいかを購入する来場者
(6月18日 長崎市戸石町=長崎市農業センター)

 6月18日長崎市戸石町の長崎市農業センターですいか祭り(農業センターまつり実行委員会主催)が開かれ、琴海地区瓜類研究会が「長浦すいか」を試食販売した。毎年好評につき今年は量を増やして600玉を用意。多くの人が夏の味覚を求めて訪れた。

 同イベントは地産地消を推進し、市民の農業への関心を高めることを目的に開催。恒例行事となっている。メインとなる長崎市琴海地区の特産品である「長浦すいか」の販売の他、スイカの重量当てクイズで賑わい、ジャガイモや新タマネギの詰め放題など地元農産物を販売した。「長崎和牛・出島ばらいろ」カレーや水産物も販売。長崎ペンギン水族館のペンギンたちにも触れ合えるなど、多彩な催しが来場者を楽しませた。

 来場者の1人(51歳男性、長崎市矢上町)は「去年はスイカを買うことができなかったので今年は買えて嬉しい。試食もとても美味しかったので、帰って家族で食べるのが楽しみだ」と喜んだ。


 投稿日時: 2017-08-25 (738 ヒット)

山口部会長(左から5番目)ら新役員
(6月16日 西海市西彼町=西彼農村環境改善センター)

 柑橘部会は6月16日に西海市西彼町の西彼農村環境改善センターで通常総代会を開いた。近年の生産量減少に歯止めをかけ、産地の信頼回復に努めることを決めた。

 平成28年産は気象の影響を大きく受けたが、新たな取り組みとして簡易選果により兼業農家・大口生産者の選別を軽減。冷蔵施設を活用し貯蔵荷受けをすることで、不知火の貯蔵中の腐敗が原因となる出荷量減少への対策を行った。

 今年度は近年の生産量減少の原因究明とその対策に向けて取り組み、市場並びに仲卸への産地信頼の回復に努め、マルチ被覆面積の拡大と被覆方法の改善を図ることで品質の向上並びにブランド率の向上を図る。

 総代会には生産者をはじめ行政や全農長崎県本部、JA役職員など約120人が出席した。今年度は役員改選を実施。前期に引き続き部会長を務める山口賢剛部会長は「天候による生産量・品質の不安定などにより計画出荷できず、市場の期待を裏切ることになった。高齢化などの問題もあるが、従来通り品質向上と安定出荷に努め、産地の維持を最大の命題として取り組む」と意気込んだ。


 投稿日時: 2017-08-21 (159 ヒット)

園地を視察し、生産状況を確認した
(6月19日 西海市西彼町)

 大西海西瓜の出荷が始まった。本格出荷に先立ち6月19日には北部営農センターで出荷協議会を開き、生産者をはじめ市場関係者、JA役職員約20人が意見を交わした。昨年の出荷量47㌧を大きく上回る77.2㌧の出荷を計画。7月上旬から中旬にかけピークになる見込みだ。

 大西海地区で本年産作付面積は5.2㌶で、大玉品種祭ばやし777を中心に、小玉品種のひとりじめBONBONやうり坊スペシャルを栽培する。炭そ病や降雨後の日焼け果対策に努め、病害虫防除の徹底と適期収穫により安定的な出荷を行うことで意志統一を図った。


 投稿日時: 2017-08-16 (137 ヒット)

プロフィールトークの難しさを実感
(6月21日 長崎市元船町=本店

 青年部を中心とする婚活事業「農×恋プロジェクト」が今年度も活動をスタートした。6月21日には本店で会議を開き、今回初めて参加するメンバーが、婚活イベントでは必ず行うプロフィールトークを練習。その後第1回目のイベントを企画した。

 同プロジェクトは平成27年1月に結成し、これまで11組のカップルが成立した。イベントの企画はメンバーらが自ら考え、特に農業体験を交えたイベントには毎年多くの女性が応募する。第1回目は7月28日長崎グラバー園でのビアガーデンを企画。夜景を眺めながらの交流を予定する。


« 1 (2) 3 4 5 ... 63 »