投稿日時: 2015-03-02 (796 ヒット)

1000万本の絶景

 水仙の里(野母崎総合運動公園内)で「のもざき水仙まつり」が1月10 日から2月1日にかけて行われた。11 日のイベントでは、県内外から多くの観光客が訪れ、会場入り口では生産者が育てた水仙がプレゼントされた。また、各種出店や1000 万本の水仙と軍艦島を望む景観を楽しんだ。平成26 年産の水仙については、天候等に恵まれず開花が若干遅れたものの、平均単価87.2円と前年を上回る価格で取引された。


 投稿日時: 2015-02-18 (832 ヒット)

落成記念し地域と交流

 「びわっちファーム太陽の郷」にイベント広場を新設した。完成記念として開いた12 月21日の「お客様感謝祭」では、近郊の住民ら多くの来場者で賑わった。リニューアルに伴う紅白餅やぜんざいの配布、つきたて餅や焼き芋の販売、店内商品全品値引き等、親子で楽しめるイベントを実施した。来場者らは、イベント広場で配る暖かいぜんざいを食べる等してイベントを満喫した。


 投稿日時: 2015-02-16 (800 ヒット)

約100点の力作集まる

 じげもん長与直売所は、「第1回大人の女性塗り絵コンテスト」を開いた。長与町の40 代から50 代の女性を中心に約100 点の応募があり、12 月16 日の審査会で入賞作品を選んだ。昨年、同店で初めて開いた子供向けの塗り絵コンテストが好評だったため、今回はその親世代を対象に実施した。入賞者には、長崎和牛やハム、地場産のお米など豪華景品を準備した。また、入賞者以外の応募者全員に、同店で使える商品券をプレゼントした。同店では更なる来店者の増加を期待している。


 投稿日時: 2015-02-13 (1372 ヒット)

特産化に向けPRイベント

 道の駅「夕陽が丘そとめ」は12 月14 日、地域の伝統柑橘「ゆうこう」を多くの人に知ってもらおうと「ゆうこうまつり」を開いた。生産者によるブランド化や生産拡大に向けて試食・販売した。出店ブースでは、果実の販売のほか、果汁や皮を生地に練り込んだパンやジュース、こんにゃく、漬物などバラエティーに富んだ加工品がずらりと並んだ。また、イベント中角力灘に大きな虹がかかり、参加者らはその時しか観る事が出来ない数分間の絶景によいしれた。


 投稿日時: 2015-02-09 (695 ヒット)

南部地区JA祭

 12 月7日、食と農の大切さをアピールし地域と農業の共生を図ろうと、東長崎支店で南部地区JA 祭を開いた。組合員や地域住民など多くの人が訪れ、会場は終始盛り上がりを見せた。イベントでは、生産者が丹精込めて作った農産物の品評会をはじめ、ミカン・米のつかみ取りやもちまき、お楽しみ抽選会など多彩なイベントでにぎわいを見せた。また、青年部・女性部などの各コーナーでは、新鮮な地元農産物を味わいながら消費者とふれあいを深め、地産地消を呼び掛けた。


« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 12 »