投稿日時: 2013-06-19 (1708 ヒット)

オープニングセレモニーでテープ
カットを行う協議会の代表者ら
(長崎市浜町のベルナード観光通り) 
新品種「なつたより」は即時完売

   長崎びわ産地活性化推進協議会(前川正孝会長)は6月1・2日の両日、長崎市浜町のベルナード観光通りで「びわフェスタ」を開いた。 同イベントは長崎特産のビワを市民に販売・PRすることが目的で、シーズンを迎えた穫れたてのビワを求める大勢の市民らで賑わった。

  2013年産の露地ビワは、寒波による被害で7割減収した12年産の露地ビワと比較し豊作。11年から販売開始した大玉新品種のなつたより」は11・12年と生育期の異常気象が影響し不作となっていたため、本年産が本格出荷となる。


 投稿日時: 2013-04-05 (1168 ヒット)

人気を集めたイチゴの販売コーナー
冬の果実アピール 官民協力イベント盛況 

   当JAは2日間、長崎市内で収穫される冬のフルーツを広く市民や観光客に知ってもらおうと、「ナガサキフレッシュフルーツフェア」をJR長崎駅かもめ広場で開いた。長崎市と同駅に隣接する大型商業施設アミュプラザ長崎と共催で、官民一体型のイベントは初めて。多くの集客を図ろうと、県外からの観光客が多く訪れる長崎ランタンフェスティバル期間中に開き、2日間で計2万人を超える来場者でにぎわった。
   長崎発祥のイチゴやザボン、伝統かんきつ「ゆうこう」など、市を代表する冬のフルーツを一堂に集め、果実とオリジナル性に富んだ加工品を展示、試食販売。生産者自ら売り場に立つなど、積極的にPR した。


 投稿日時: 2013-03-15 (1140 ヒット)

自慢の農産物がそろった品評会
多彩イベントでにぎわう

   当JA は、営農経済本店で北部地区JA 祭を開いた。
   農産物品評会や営農振興講演会をはじめ、女性部大会、豚丼・イチゴの早食い、お楽しみ抽選会など多彩なイベントで会場を盛り上げた。
   会場を盛り上げた早食いイベントでは、JA独自ブランドの「大西海SPF 豚」や地域の特産イチゴを使い、参加者は口いっぱいに頬張りながら舌鼓を打っていた。長崎和牛の即売や豚汁試食、イチゴの販売コーナーなど、多くの魅力的なブースが軒を連ねた。


« 1 ... 9 10 11 (12)