投稿日時: 2014-05-23 (597 ヒット)

選任された青年部の新執行部

   青年部は本店会議室で代議員総会を開きました。青年部ら約40人が参加。総会では、平成25年度の活動報告や平成26年度の活動計画など全議案を承認しました。
   新部長として横山和幸さん、副部長に山﨑和臣さんと内藤正和さんの3人が選任されました。
   新青年部長の横山和幸さんは「このメンバーを筆頭に力を合わせて良い青年部活動となるよう頑張っていきたい」と意気込みを語りました。

 


 投稿日時: 2014-04-14 (766 ヒット)

青年部とJA 職員が協力してつくった
そばを展示会で振る舞った

   青年部茂木支部と茂木統括支店は、相互の交流を目的に同統括支店の職員と青年部員とで協力してそばづくりを実施しました。
   同統括支店が抱える組合員のJA離れ対策と、交流を通じてJA事業の理解につなげる若手職員教育の一貫です。そばの種の植え付けから栽培、収穫、そば打ちまでを協力して行い、できあがったそばは展示会で来場者に振る舞いました。
   この取り組みは、同青年部員5名と同統括支店の職員約30名で実施しました。職員(特に昔のような組合員との深いかかわりを知らない若手職員)と組合員との距離を近くするために、何か交流する機会をつくろうという青年部と茂木統括支店の考えで、一緒にそばづくりをすることになりました。


 投稿日時: 2013-12-04 (645 ヒット)

真剣に稲刈りに取り組む児童ら

   食育活動に積極的に取り組む青年部東長崎支部は、長崎市矢上小学校の5年生約100人を対象に、東町の水田で稲刈りを指導しました。
   地元の小学校を対象に行う米づくり体験は、歴代青年部から受け継ぎ、30年以上続く伝統行事です。
   青年部が管理する水田で毎年行い、もみまきから稲刈りまでの一連の体験作業を通して地域農業の理解を進めています。


 投稿日時: 2013-11-27 (1146 ヒット)

JA長崎せいひチームのメンバー

   喜々津支店青壮年部と同支店の職員は、諫早市多良見町の船津漁港で開かれた「ききつ船津ペーロン大会」(同保存会主催)に出場しました。海上保安や豊漁を願う300年以上続く伝統行事で、同青壮年部活動の一貫として毎年参加しています。
今年は22チームが熱戦を繰り広げました。
   選手らは、沖の堤防を1周する「ブイ廻(まわ)り」や沖合の旗を往復する「沖旗廻り」を披露。ドラの音や掛け声とともに激しい競漕(きょうそう)を展開しました。岸壁に詰めかけた大勢の観客は、水しぶきを上げる豪快な櫂(かい)さばきに拍手を送りました。


 投稿日時: 2013-11-05 (655 ヒット)

積極的に意見を述べる青年部員

   青年部と女性部は9月18日に同JA役職員との対話会を本店で開きました。各地区の青年部・女性部役員や役職員ら約40人が参加し、組織活性化や部員加入促進など、JA組織が一体となった取り組みについて意見を交わしました。
   会の中では、農業従事者や嫁の不足を懸念する青年部や、部員の減少が続く女性部など、組織が抱える課題や活動の方向性、今後の在り方について意見や要望が上がりました。


« 1 2 (3) 4 5 »